食欲不振の原因と病気
ここでは食欲不振を示す胃の病気についてご紹介していきます。

疲れやストレスが溜まっている時、風邪を引いたりして体調不良の際など、食欲が落ちることは普通に日常生活を送る中でも少なくはありません。しかし私たちは食事によって体に必要なエネルギーを取り入れています。食欲が湧かないと体を動かす源であるエネルギーが不足し、疲れた体を回復できずさらに病気になったりと悪循環に陥ってしまいます。食欲は人間の三大欲求とも言われるほど、生きていく上で欠かせないものなのです。
そんな大事な食欲が落ちてしまう症状を示す胃の病気には、どのようなものがあるのでしょうか?


sponsored link



【食欲が湧かない胃の病気】

そもそも食欲というものは、もちろん胃ではなく脳内の視床下部という部分が司っています。視床下部では摂食中枢と満腹中枢という二つの中枢神経によってお互いが作用しあって機能しています。おなかが空いた時は摂食中枢が、満腹時には満腹中枢が働くことで食欲はコントロールされています。このバランスが崩れることで食欲不振やその逆の食欲過多を起こしてしまいます。

そして食欲不振を症状とする主な胃の病気には、急性胃炎、慢性胃炎、機能性ディスペプシア、胃潰瘍。胃アトニーなどが挙げられます。これら胃の病気については、それぞれのページで詳しく説明していきましょう。

⇒ 急性胃炎

⇒ 慢性胃炎

⇒ 機能性ディスペプシア

⇒ 胃潰瘍

⇒ 胃アトニー


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。