胃粘膜下腫瘍
ここでは胃の病気の一つ、胃粘膜下腫瘍について詳しく説明していきます。

胃粘膜下腫瘍という病気は、胃ポリープ胃癌などの胃の粘膜の表層に腫瘍が発生するものではなく、筋肉層など粘膜の下層部に腫瘍が発生する病気です。女性特有の子宮筋腫もこれとほぼ同様の病気で大半が良性の腫瘍なのですが、稀に悪性の場合もあり注意が必要です。発症率は5万人に1人程度と少なく、珍しい病気と言えます。


sponsored link



【胃粘膜下腫瘍の原因】

胃粘膜下腫瘍の原因は、c-kit遺伝子という特有の遺伝子の異常が関係していると考えられていますが、なぜ遺伝子異常が生じるのか詳しくは分かっていません。また、粘膜下腫瘍の種類としては平滑筋腫、神経性腫瘍、迷入膵などがありますが、最も多いのが消化管間質腫瘍(GIST)と呼ばれるもので、小腸や大腸など他の消化管でも見られるものです。その中でも胃におけるGISTは7割を占めます。

【胃粘膜下腫瘍の症状】

胃粘膜下腫瘍の症状は、腫瘍の大きさによって変わってくるもののほとんどの場合で無症状、または症状が少ないのが特徴です。腫瘍が大きくなるにつれて症状が現れやすくなり、胃の不快感や胃痛、食欲不振や吐き気などが見られる場合もあります。腫瘍が崩れて出血すると、吐血や下血が見られることがあります。


sponsored link



【胃粘膜下腫瘍の治療】

胃粘膜下腫瘍の場合、腫瘍が小さく良性のものであれば基本的に治療する必要はありません。ただし、腫瘍の大きさが2〜4センチ辺りと大きい場合や徐々に大きく肥大拡大していくような場合では、悪性の可能性が考えられる為手術で切除する必要があります。内視鏡や腹腔鏡下での切除術が主流ですが、発生部位によっては開腹手術となる場合もあります。また、悪性で転移が認められるなど切除が難しい場合には、抗がん剤を用いた薬物療法が取られます。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 症状が少ない胃の病気

⇒ 胃ポリープ

⇒ 胃マルトリンパ腫

⇒ 胃肉腫

⇒ 胃がん




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。