胸焼けがする時の原因と病気
ここでは胸焼けの症状を起こす場合に考えられる胃の病気について、ご紹介していきます。

胸や上腹部にかけて熱っぽくてムカムカする感じは、経験したことのある方でないと分からない辛さがあります。胸焼けは、よく深酒をした次の日にいわゆる二日酔いの症状として現れることが多いですが、実は病気の症状として現れることもあります。胸焼けを起こす胃の病気にはどのようなものがあるのでしょうか?


sponsored link



【胸焼けがする胃の病気】

胸焼けがする時は、基本的に「胃の機能が活発になりすぎている」ことが原因となります。胃酸が必要以上に分泌されたいわゆる胃酸過多の状態になり、胃酸の強い刺激によって食道や胃に負担がかかって、あの焼けるようなムカムカとした不快感が現れます。

そして胸焼けを症状とする主な胃の病気には、慢性胃炎、胃食道逆流症、胃潰瘍、胃アトニー、食道裂孔ヘルニアなどが挙げられます。これら胃の病気については、それぞれのページで詳しく説明していきましょう。

⇒ 慢性胃炎

⇒ 胃食道逆流症

⇒ 胃潰瘍

⇒ 胃アトニー

⇒ 食道裂孔ヘルニア


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。