胃マルトリンパ腫
ここでは胃の病気の一つ、胃マルトリンパ腫について詳しく説明していきます。

マルトリンパ腫とは、粘膜に関連したリンパ組織(パイエル板やリンパ濾胞)から発生する非ホジキンリンパ腫です。胃マルトリンパ腫とは、マルトリンパ腫の中でも胃に発生した状態で、消化管のマルトリンパ腫のうち大半を占めます。悪性リンパ腫の中でも比較的進行が遅いのが特徴で、発症頻度も低い珍しい病気でもあります。


sponsored link



【胃マルトリンパ腫の原因】

胃マルトリンパ腫の原因は、罹患者の9割にヘリコバクターピロリ菌感染が認められることから、主にピロリ菌感染が深く関与していると考えられています。ただし、ピロリ菌感染したからといって必ずマルトリンパ腫を発症するわけではない上に、ピロリ菌感染がないのにも関わらず発症する人も居ることから詳しくは分かっていない状況です。他にも遺伝子異常が原因であるとも考えられています。

【胃マルトリンパ腫の症状】

胃マルトリンパ腫の症状は、基本的に無症状です。胃の痛みや胸焼けなどが見られることもありますが、多くは軽い症状を示します。稀に胃穿孔(胃に穴が開く)などの強い症状が現れることもありますが、むしろ自覚できる程の症状が現れる場合には病気がかなり進行している可能性が高まります。


sponsored link



【胃マルトリンパ腫の治療】

胃マルトリンパ腫の治療は、病気の進行によって変わってきます。
限局期(ステージT・U)
病期初期の場合では、まずピロリ菌感染の有無を検査し、陽性を示す場合は除菌療法を行います。プロトンポンプ阻害薬、アモキシシリン、クラリスロマイシンという3つの薬剤を1週間内服します。9割ほどが効果を示しますが、効果が無い場合はクラリスロマイシンをメトロニダゾールに変更し、二次除菌を行います。ここでも効果が無い場合は放射線治療や化学療法に切り替えていきます。
進行期(ステージV・W)
進行期の場合は、化学療法が基本となってきます。シクロホスファミド、フルダラビン、クラドリビン、リツキシマブなどの抗がん剤を使用します。悪性度は低い為、無理に治療を施さずに経過を観察していく無治療経過観察という選択を取ることもあります。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 症状が少ない胃の病気

⇒ 胃ポリープ

⇒ 胃粘膜下腫瘍

⇒ 胃肉腫

⇒ 胃がん




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。