急性胃炎
ここでは胃の病気の一つ、急性胃炎について詳しく説明していきます。

胃の病気の中でも胃炎は最も有名な病気です。胃炎には急性に起こる急性胃炎と慢性に起こる慢性胃炎とがあります。急性胃炎とは、胃の粘膜に短期間で炎症が生じたもので、日常的にいつでも起こり得る病気です。慢性胃炎と比べると症状は強く現れやすいですが、逆に炎症が静まると途端に症状が治まるのも特徴です。


sponsored link



【急性胃炎の原因】

急性胃炎の原因としては、以下のような様々なものが挙げられます。

◆喫煙のしすぎ
◆アルコールやコーヒー、香辛料などの刺激が強いもの
◆ストレス、疲労
◆不摂生、不規則な生活
◆抗生物質や抗炎症剤の副作用
◆風邪やインフルエンザなどの感染症
◆ピロリ菌感染
◆食物アレルギー
胃アニサキス症などの食中毒
◆他の内臓疾患によるもの

上記の中でも、飲酒や喫煙、コーヒーや香辛料などは日常生活の中ではごく普通のものが、急性胃炎を起こす原因となることは少なくありません。また、ストレスや疲労などはそれをさらに拍車をかける存在でもあります。急性胃炎は普通に生活をしていても、発症することは珍しくない病気と言えるでしょう。

【急性胃炎の症状】

急性胃炎の症状は、急激に炎症が起こるため症状は強く現れやすいです。中でも胃のむかつきや膨満感、みぞおち辺りの痛み、食欲不振、吐き気や嘔吐などが典型的です。炎症が強く現れるほどに症状は強まり、胃の内部で出血が見られるほど損傷すると、吐血や下血などが見られる場合があります。


sponsored link



【急性胃炎の治療】

急性胃炎の治療は、まずは対症療法として炎症を抑える抗炎症剤や鎮痛剤などを使用して症状を抑えます。また、原因が明確であればその原因を取り除くことが重要です。症状が強い場合には、胃酸の分泌を抑える薬や胃の粘膜を保護する薬などを使用することもあります。さらに、出血がある場合には止血剤を使用したり、内視鏡下で止血手術を施すこともあります。吐き気や嘔吐によって栄養状態が悪く衰弱や脱水症などの危険な重症例では、入院する必要も出てきます。
多くの場合、胃に刺激を与えるものを避け安静に努めれば自然と回復しますが、また元の生活に戻ると再発を繰り返すことも少なくなく、慢性胃炎に移行することもあるため注意が必要です。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 胃が痛い時の原因と病気

⇒ 吐き気がする時の原因と病気

⇒ 慢性胃炎

⇒ 胃潰瘍

⇒ 胃がん




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。