胃下垂
ここでは胃の病気の一つ、胃下垂について詳しく説明していきます。

食べても太らない人はよく「胃下垂なんじゃない?」と言われることもある胃下垂ですが、胃下垂とは胃が正常な位置よりも下に垂れ下がった状態です。正常な位置の胃は、およそみぞおちの辺りに位置していますが、胃下垂になるとへそや下腹部付近まで下がってきています。胃の病気と表記していますが、胃下垂の状態でも特に問題なく過ごしている方が大半で、胃下垂だからといって神経質になる必要はないものです。


sponsored link



【胃下垂の原因】

胃下垂の原因は、主に食べ過ぎや消化不良などによって消化物が胃の中に残りやすくなることです。胃に残った消化物の重みによって、胃の下部が引き延ばされることが直接の原因となります。この要因となっているのが、疲労やストレスによる心因性の要因と、猫背や骨盤の歪みなど姿勢の悪さによる身体性の要因があります。また、加齢に伴って胃を支えておく筋肉が低下することも一つの原因と考えられます。どちらかというと痩せ型の女性に多く見られます。

【胃下垂の症状】

胃下垂の症状は、胃が下垂しているだけでは基本的に無症状です。しかし、胃下垂が原因となって慢性胃炎胃アトニーなどを併発することで、胃の症状を引き起こすことになります。胃もたれや胃痛、胸焼けやげっぷ、時には吐き気を催すなど様々な症状が挙げられます。


sponsored link



【胃下垂の治療】

胃下垂の治療は、症状が無い場合には治療する必要がありません。胃アトニーなど他の病気を併発して何かしらの症状がある場合に、その病気に対する治療を中心に行っていきます。胃下垂を治したいという場合でも、食事や運動など生活習慣を改善することが基本となります。あまりに下垂が酷い場合には、胃を持ち上げたり一部を切除する手術が検討されることもありますが、現在ではほとんど行われません。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 症状が少ない胃の病気

⇒ 胃アトニー

⇒ 慢性胃炎

⇒ 機能性ディスペプシア

⇒ 胃潰瘍




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。