胃潰瘍
ここでは胃の病気の一つ、胃潰瘍について詳しく説明していきます。

胃の病気の中でも、胃炎や胃がんと並んで最も良く知られている病気が胃潰瘍です。潰瘍とは「ただれ」のことで、胃潰瘍は胃の粘膜がただれて傷付いた状態を指して言います。主に胃液の過剰分泌によって胃酸過多になり、胃酸の強い酸によって粘膜が傷付けられる、いわゆる「自傷行為」によって起こるものです。酷い場合は胃に穴が開いてしまう胃穿孔という状態にまで進行して激しい痛みを伴う事もあり、けっして放置は出来ない病気でもあります。


sponsored link



【胃潰瘍の原因】

胃潰瘍の原因は、主に過労やストレスによって自律神経が乱れることで、胃酸が過剰に分泌されることと考えられています。他にもヘリコバクターピロリ菌によるものや、非ステロイド性抗炎症薬などの薬剤の副作用などが原因となる場合もあります。
健康な人の胃は、食べた物を溶かすほどの強い胃酸に対して粘膜を傷付けられないよう守られていますが、これらの原因によって胃酸に対する抵抗力が低下したり胃酸過多になることで、胃潰瘍を引き起こしてしまうのです。

【胃潰瘍の症状】

胃潰瘍の症状は、みぞおちから上腹部にかけての痛み、胸焼けや胃もたれ、辛くて酸っぱいげっぷ、吐き気や嘔吐、食欲不振など様々な胃の症状を引き起こします。痛みは食事中や食後に現れることが多く、逆に空腹時に現れる場合には十二指腸潰瘍の可能性があります。胃に出血が見られる場合には、黒っぽい血の吐血や下血などを起こすこともあります。


sponsored link



【胃潰瘍の治療】

胃潰瘍の治療は、主に胃酸の分泌を抑える薬や胃の病気の鵜を高める薬を使用した薬物療法が基本となります。ヒスタミンH2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬、抗コリン薬やプロスタグランジン製剤などの薬剤が使用されます。非ステロイド性抗炎症薬を使用している場合は使用を中止し、ピロリ菌感染がある場合はピロリ菌の除去抗菌薬も使用します。
また、胃内部で出血が見られる場合には、基本的に内視鏡下において止血手術を行う必要があります。特に胃穿孔が見られる場合には、原則的に緊急手術が行われます。術後は上記のような薬物療法を進めて予後を観察していきます。
胃潰瘍は再発を繰り返すことも少なくない病気なので、治って終わりというわけにはいかず、その後も定期的に検査を受けることが勧められます。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 胃もたれ・胃の不快感の原因と病気

⇒ 胃が痛い時の原因と病気

⇒ 食欲不振の原因と病気

⇒ げっぷが出る時の原因と病気

⇒ 吐き気がする時の原因と病気




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。