胃もたれ・胃の不快感の原因と病気
ここでは胃もたれや胃が重く感じたり膨満感があるなど、胃の不快感を示す胃の病気についてご紹介していきます。

脂っこい食事を摂った後やお酒を飲んだ後など、胃がもたれたり胃が重いと感じるあの不快感はとても嫌な症状です。腹部全般に重苦しい感じがずっと残って、何をするにもやる気が起きませんし動くのもおっくうで横になっておきたいものです。さて、胃の不快感を示す胃の病気にはどのようなものがあるのでしょうか?


sponsored link



【胃の不快感を示す胃の病気】

胃もたれなど胃の不快感を感じる時は、基本的に「胃の機能が低下した状態」と考えられます。胃は蠕動運動(ぜんどううんどう)によって食べた物と胃酸を混ぜ合わせて消化していきます。しかし胃の消化機能が低下すると消化不良を起こし、胃の中で食べ物が消化するのに時間がかかって長く留まってしまいます。これが胃もたれや胃が重く感じる不快感を引き起こしてしまいます。

そして胃の不快感を症状とする主な胃の病気には、慢性胃炎、機能性ディスペプシア、胃潰瘍、胃アトニーなどが挙げられます。これら胃の病気については、それぞれのページで詳しく説明していきましょう。

⇒ 慢性胃炎

⇒ 機能性ディスペプシア

⇒ 胃潰瘍

⇒ 胃アトニー


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。