胃食道逆流症
ここでは胃の病気の一つ、胃食道逆流症について詳しく説明していきます。

胸がムカムカする胸焼けは誰しもが経験したことのある症状です。味の濃いものをたくさん食べた後などは胸焼けがしても当然ですが、何も食べていないのに胸焼けがする場合は胃食道逆流症かもしれません。
胃食道逆流症とは、主に胃酸などの消化液が胃から食道に逆流する事によって起こる様々な症状を指して言う病気です。一般によく知られる「逆流性食道炎」も胃食道逆流症の内に含まれます。逆流性食道炎では炎症によって粘膜にただれ(びらん)が見られますが、このただれが見られない非びらん性胃食道逆流症というのもあり、胸焼けを訴える方の半数以上が非びらん性と言われています。


sponsored link



【胃食道逆流症の原因】

胃食道逆流症の原因ははっきりとは分かっていませんが、心因性の病気、つまりストレスが深く関わっていると考えられています。体の疲労も加わって、胃と食道を繋ぐ下部食道括約筋が弛緩することで、本来必要が無い時は閉じているのに開いてしまって逆流を起こしてしまうというわけです。他にも胃酸が増える胃酸過多や食道の知覚過敏によっても起こります。また食道裂孔ヘルニアなど他の胃の病気が起因する場合もあります。

【胃食道逆流症の症状】

胃食道逆流症の症状は、胸焼けを代表として他にもげっぷがすっぱく感じたり、胸の辺りにつかえや痛みなどの違和感を感じるといった不快な症状が挙げられます。場合によっては喉にまで影響を及ぼし、声枯れや咳、喉の痛みを感じて、夜も満足に眠れないということもあります。


sponsored link



【胃食道逆流症の治療】

胃食道逆流症の治療は、薬物療法を主体として食生活の改善や適度な運動を取り入れるなど生活習慣の見直しが基本となります。
薬物療法では、胃腸の機能の整える消化管機能改善薬や、胃酸の過剰分泌を抑える胃酸分泌抑制薬、ストレスを軽減する抗不安薬などの薬を使用します。
また、食事にも注意しなければなりません。飲酒やタバコは控え、脂っこいものや辛いもの、チョコレートなど胃に刺激の強い食べ物は摂らないようにし、規則正しい食事リズムを心掛けます。特に就寝前のいわゆる夜食は、胃に負担がかかるため控える必要があります。
稀にこういった内科的療法で良くならない難治例に対しては、ニッセン噴門形成術など手術が行われる場合もあります。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 胸焼けがする時の原因と病気

⇒ げっぷが出る時の原因と病気

⇒ 慢性胃炎

⇒ 胃潰瘍

⇒ 食道裂孔ヘルニア




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。