げっぷが出る時の原因と病気
ここではげっぷが出る時に考えられる胃の病気についてご紹介していきます。

げっぷは誰しもが経験のあるもので、食事の際はマナーとして出ないよう気を付けるものです。そもそもげっぷというものは生理現象の一つで、胃の中に食べ物と一緒に取り込んだ空気や溜まったガスを口から体外へ吐き出す行為です。出そうと思って出せる場合もありますが、ほとんどは自分の意志とは関係なく出るものです。
さて、そんなげっぷが出る場合に考えられる胃の病気にはどのようなものがあるのでしょうか?


sponsored link



【げっぷが出る胃の病気】

基本的に食後のげっぷは生理現象なので問題視する必要はありません。食事の際に一緒に飲み込んだ空気が胃の中で溜まり、胃の内部の圧力が高まって排出する行為なので必要な行為なのです。しかし、食後でもないのにげっぷが頻繁に出る場合には注意が必要です。げっぷが何かしらの病気の症状として現れることもあるからです。

げっぷを症状とする主な胃の病気には、慢性胃炎、機能性ディスペプシア、胃潰瘍、胃食道逆流症、呑気症などが挙げられます。これら胃の病気については、それぞれのページで詳しく説明していきましょう。

⇒ 慢性胃炎

⇒ 機能性ディスペプシア

⇒ 胃潰瘍

⇒ 胃食道逆流症

⇒ 呑気症


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。