胃がん
ここでは胃の病気の一つ、胃がんについて詳しく説明していきます。

胃がんとは、胃に癌が発生する病気です。かつてはがんの死亡原因でダントツのトップに君臨するほど、私たち日本人にとって身近で怖い病気であった胃がんですが、検査や治療の技術の発達によって年々減少傾向にあり、現在では大腸がん及び肺がんに次いで3位となっています。ただし、死亡者数は減りつつあるとは言え新たに発病した罹患者数はほぼ変わらないため、けっして発病しにくくなったというわけではありません。あくまで現在でも上位をキープするほど、私達のごく身近に起こり得る病気である事は言うまでもありません。


sponsored link



【胃がんの原因】

胃がんは今なお研究が続けられていて複数の危険因子が指摘されています。原因となるものとして生活習慣の中では、塩分の濃いものなど胃への刺激が強く偏った食生活、喫煙や飲酒、精神的ストレスなどが挙げられます。他にもヘリコバクターピロリ菌の感染や慢性胃炎からの発展なども原因として挙げられます。どれか一つがあれば必ず胃がんになるというわけではなく、いくつもの要因が重なることで発症リスクが高まるという考え方が正しいです。

【胃がんの症状】

胃がんの症状としては、初期ではほとんどが無症状です。どのようながんでも言えることですが、初期は無症状で自覚症状がみられる場合にはある程度進行していることが典型的です。自覚症状としては胃もたれや胃のむかつきなどの不快感、胃痛や胸焼け、食欲不振や吐き気、体重減少などが挙げられますが、これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍、果ては単に体調が悪い時にでも見られるごくありふれた症状であるため、見過ごされることも少なくありません。また、がんが進行すると貧血やめまい、脱水症や黒色便などの症状が現れる場合もあります。


sponsored link



【胃がんの治療】

胃がんの治療は、大きく分けて以下の3つの治療法があります。どの治療法をメインに行っていくかは腫瘍の大きさや規模、がんのステージ、転移の可能性など患者の状況を考慮した上で検討されます。

内視鏡治療
進行がんの可能性が低い早期の胃がんに対しては、内視鏡下において胃の内側から腫瘍を切除してしまう方法です。手術自体の患者への負担も少なく、胃の一部を切除するため全摘する必要がなく、術後の影響もほとんどないのが最大のメリットです。内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)という術式があります。

手術治療
胃がんの治療において最も基本となる治療法が手術による切除です。病変によって全摘するか一部の摘出にするか、また切除する場所などは大きく変わってきます。切除後は切除した部位の上下を繋ぎ合わせる消化管再建術も行う必要があります。また、周辺の臓器に転移の可能性がある場合は、肝臓や膵臓など周辺の臓器も合併して一部切除する必要もあります。

化学療法
胃がんに対する化学療法は、手術を行うのが難しい場合や、かなりの進行がんで転移も複数見られる場合、術後の再発、または手術と合わせて行うなど様々な目的で選択されます。がんの症状を抑えることとがんの進行を抑制する抗がん剤を使用していきますが、効果は人によって差があるのに加えて副作用も付き物です。副作用が強く現れる場合には薬の量を減らして対応しますが、それでも駄目な場合は投薬を中止する必要もあり、こうなると治療自体を行えない手の施しようがない状態となってしまうこともあります。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 症状が少ない胃の病気

⇒ 胃粘膜下腫瘍

⇒ 胃マルトリンパ腫

⇒ 胃肉腫

⇒ 慢性胃炎




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。