機能性ディスペプシア
ここでは胃の病気の一つ、機能性ディスペプシアについて詳しく説明していきます。

胃もたれや胃のむかつき、胃痛など胃の症状があるのにも関わらず、色々と検査を受けても胃に異常が見られない場合があります。こういった場合は以前までは多くが慢性胃炎として診断されていましたが、炎症がないのに胃炎というのもおかしな話ということで機能性ディスペプシアまたは機能性胃腸症と呼ばれるようになりました。日本人の4人に1人が罹患しているとも言われていて、非常に身近な病気でもあります。


sponsored link



【機能性ディスペプシアの原因】

機能性ディスペプシアの原因は、ストレスの影響と考えられています。ストレスの影響は体の至る所に影響を及ぼしますが、中でも胃や腸は最も症状が出やすい場所に挙げられます。ストレスによって自律神経が乱れ、これが胃の過剰な収縮や知覚過敏、機能低下を起こして発症するものと考えられます。

【機能性ディスペプシアの症状】

機能性ディスペプシアの症状は、胃もたれ胃のむかつきみぞおち付近にかけての胃の痛み食欲不振から吐き気に嘔吐など様々な胃の症状が挙げられます。命に関わるような重篤な症状を起こすわけではありませんが、慢性的にこういった症状が続くと日常生活に支障をきたしてしまいます。


sponsored link



【機能性ディスペプシアの治療】

機能性ディスペプシアの治療としては、胃炎や胃潰瘍のような明らかな病変が見つからず何が原因なのかがはっきりとしていないため、症状に対する対症療法が基本となります。消炎鎮痛剤や胃酸の分泌を抑える薬、整腸作用の薬などを使用して症状を緩和します。ストレスが深く関わっていると考えられているので、抗うつ薬や抗不安薬なども使用しながら様子を見ていきます。それと同時に、胃にやさしい食事を送るように食生活を見直したり、睡眠の質と量を高めるなど生活習慣の改善も必要となります。とにかくストレスを溜めず発散していき、十分な休息を取れば自然と回復していく方が多いです。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 胃もたれ・胃の不快感の原因と病気

⇒ 胃が痛い時の原因と病気

⇒ 食欲不振の原因と病気

⇒ げっぷが出る時の原因と病気

⇒ 吐き気がする時の原因と病気




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。