胃アトニー
ここでは胃の病気の一つ、胃アトニーについて詳しく説明していきます。BR>
胃が垂れ下がった状態は胃下垂という病気で、一般的によく知られています。しかしあまり知られていないのが、実は胃下垂だけだと自覚症状はほとんどないということです。よく胃下垂が原因で胃もたれ食欲が湧かないと思われている方も多いですが、実際にそれらの胃の症状を起こしているのは胃下垂から発展した胃アトニーと考えられます。
胃アトニーとは、胃壁の筋肉がたるんで胃の機能が低下した状態を言います。ほとんどが胃下垂と併発していて、多くが胃下垂が原因となって胃アトニーを引き起こしているものです。


sponsored link



【胃アトニーの原因】

胃アトニーの原因は、胃壁の筋肉がたるんで胃を支えたり胃を動かしたりする筋力が低下してしまうことです。筋力低下の原因としては、日頃からの生活環境が大きく関わっていて、暴飲暴食やストレス、過労などが起因していると考えられます。その他にも、一度腹部の手術を受けたことのある方はなりやすく、甲状腺機能亢進症や脳下垂体不全などのホルモンの病気が原因となっている場合もあります。

【胃アトニーの症状】

胃アトニーの症状としては、胃の機能が低下することによって消化不良や食欲不振、胃もたれに胸焼け、膨満感や胃痛といった胃の不快感が挙げられます。また、消化不良によって胃に消化物が溜まりやすくなり、内容物の重さによってさらに胃下垂が進行しやすくなります。胃アトニーの症状が胃アトニーを進行させる悪循環を引き起こすというわけです。


sponsored link



【胃アトニーの治療】

胃アトニーの治療は、基本的に胃の機能を元に戻すよう高めていくことが重要となります。腹筋など胃周辺の筋肉をトレーニングして筋力をアップし、胃の蠕動運動を促して機能を高めます。また生活習慣を改善し、消化の良い物を選んだりよく噛んで食べるなど胃の消化を助ける食生活も必要です。さらに胃の機能を高める成分の薬(ガスモチン錠、ガナトン錠、ナウゼリン錠など)を服用する場合もあります。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 胃もたれ・胃の不快感の原因と病気

⇒ 胸焼けがする時の原因と病気

⇒ 胃が痛い時の原因と病気

⇒ 食欲不振の原因と病気

⇒ 胃下垂




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。