胃アニサキス症
ここでは胃の病気の一つ、胃アニサキス症について詳しく説明していきます。

私達日本人は、昔から刺身や寿司など魚を生食で食べる文化と習慣があります。脂の乗ったサバやアジ、ツヤがあって噛み応え抜群のイカなど、わさび醤油で食べるのはまさしくほっぺたが落ちそうなほど美味しいものです。釣りが好きな方なら自分が釣った魚をそのまま捌いて食べるのも、味だけでなく心まで満足いく食べ方でしょう。
しかし、魚の生食には非常に怖い病気を発症するリスクも伴います。そうです、食中毒です。胃アニサキス症とは食中毒の一種で、アニサキスという寄生虫に感染した魚類を食べてしまうことで感染する病気です。


sponsored link



【胃アニサキス症の原因】

胃アニサキス症の原因は、アニサキスに感染した魚類を食べて感染することです。アニサキスは主にサバやアジ、イカやタラなどの魚介類に寄生し、これらを直接食べてしまうことで人間の体内に入り込みます。アニサキスの幼虫が体内へ入り込むと、胃や腸内に寄生し胃壁や腸壁を食い破ろうとすることで、激しい腹痛や嘔吐などの症状を引き起こすのが胃アニサキス症です。

【胃アニサキス症の症状】

胃アニサキス症の症状は、摂取して数時間後に激しい腹痛や嘔吐を引き起こします。胃壁や腸壁を食い破ろうとするため腹痛はのた打ち回るほどの激痛で、嘔吐は胃液のみの吐瀉物が特徴です。一般的な食中毒では下痢も見られることが多いですが、胃アニサキス症では下痢が見られることはありません。
また、まれに呼吸困難や急激な血圧の低下などショック症状を引き起こすこともあり、最悪の場合は命に関わってきます。


sponsored link



【胃アニサキス症の治療】

胃アニサキス症の治療は、内視鏡を用いた摘出術もしくは開腹手術によってアニサキスを摘出することが必要となります。通常、虫体を取り除くとすぐに回復していきます。
またこの病気を予防する為には、基本的にサバやアジやイカなどのアニサキス中間宿主を生食しない事が最も確実です。しかし、これらの魚を一切食べない食生活というのも難しいものがあるでしょう。これらの魚を食べる際は、十分な熱処理を行っていれば問題ありません。日本では60℃以上で1分以上の加熱、もしくは-20℃以下で24時間以上の冷凍保存という規定が定められています。


このページを読まれた方は、次のページもよく読まれています。


⇒ 胃が痛い時の原因と病気

⇒ 吐き気がする時の原因と病気

⇒ 急性胃炎

⇒ 胃潰瘍

⇒ 胃がん




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
inobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。